HOME > ヘルマン・シュトレープ氏 講演

ヘルマン・シュトレープ氏 講演

明治大学国際交流基金事業により、ドイツの都市計画家H. シュトレープ氏が来日し、明治大・建築学科では、下記のような大学院生対象の「都市計画・まちづくり」セミナーを開催しました。


講師:ヘルマン・シュトレープ(GRAS建築設計都市計画事務所代表)

日時:
2011年1月11日(火)16:20~17:50 サステイナブル社会の住環境づくり概論‐ドイツの方法
2011年1月18日(火)16:20~17:50 都市計画・まちづくりの演習‐ライネフェルデを参考に
2011年1月25日(火)16:20~17:50 国際化時代の都市計画実務について-ご自身の経験から

備考:セミナーは英語で行いますがパワーポイントなどは英文・和文併記で行いました。

参加:無料、定員60名。(申込み先:教授・澤田誠二 メール bxk01676@nifty.com)

会場:明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン11階 311E教室

主催:明治大学理工学部建築学科

講師略歴:
GRAS建築設計都市計画事務所代表、ドイツ・ドレースデン
英語、フランス語に堪能
1947年生れ、シュトットガルト工科大学卒業(Dipl.-Ing)
主要な都市計画・まちづくり実績:
1973-74: Research in the high mountain areas of Asia "Impact of social structures on settlement patterns"
1979: Foundation of GRAS* Gruppe Architektur und Stadt-planer, Darmstadt
1991:  Foundation of GRAS Dresden
1995-04: Dressden-Loschwitz, Germany
1997-04: Algeria, Ministry of housing and urban development
1994-05: Leinefelde-Suedstadt, Germany


hermann_pster_network_nakajima.png

セミナーには、明大学生(建築、農学部、文学部、政経学部)、東大(建築計画)の学部・院生、社会人など約30名が参加しました。プレゼンテーション+ディスカッションの DVD 化を、現在進めています。このような、明大「都市計画まちづくり」国際セミナーは今後も実施する予定です。