HOME >  イベント  > 製図室レクチャーシリーズを開催します 10/26(月)・11/13(金)18:00〜20:00

製図室レクチャーシリーズを開催します 10/26(月)・11/13(金)18:00〜20:00


新進気鋭の建築家・研究者を迎え、明治大学建築学科製図室にてレクチャーシリーズを開催します。
ゲスト・学生・教員が、ざっくばらんに都市と建築のデザインと歴史について議論する場をつくります。

第一回:10月26日(月)18:00〜20:00

ツバメアーキテクツ「プロジェクト・サステナビリティ」

Tsubame Architects.jpg

ツバメアーキテクツ
2013年、山道拓人、千葉元生、西川日満里によって設立された建築家ユニット。空間の設計をする「Design」と空間が成立する前の枠組みや完成後の使い方を思考し、研究開発やまちづくりを行う「Lab」の2部門から構成。
主な作品:《旬八青果店》2013年、《朝日新聞社メディアラボ》2014年、《荻窪家族プロジェクト》2015年、《草原情報館》2015年。 

山道拓人(さんどう・たくと)
1986年、東京都生まれ。2009 東京工業大学工学部建築学科卒業。2011年、同大学大学院修了後、同大学博士課程。2012 ELEMENTAL(南米チリ)勤務 2012‐13年株式会社ツクルバ チーフアーキテクト。2013年、ツバメアーキテクツ設立。

千葉元生(ちば・もとお)
1986年、千葉県生まれ。2009 東京工業大学工学部建築学科卒業。2009年、スイス連邦工科大学ETH。2012年、東京工業大学大学院修士課程修了。2012年、慶応義塾大学システムデザイン工学科テクニカルアシスタント。 2013年、ツバメアーキテクツ設立。

西川日満里(さいかわ・ひまり)
1986年、新潟県生まれ。2009年、お茶の水女子大学生活科学部卒業。2012年、横浜国立大学大学院Y-GSA修了。2012‐13年、CAt(Coelacanth and Associates tokyo)勤務。2013年、ツバメアーキテクツ設立。


第二回:11月13日(金)18:00〜20:00

市川紘司「建築が〈ネーション〉を象徴するとき−−天安門広場論」

ichikawakoji.jpg

市川紘司(いちかわ・こうじ)
1985年東京都生まれ。中国近現代建築史。東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手、東北大学大学院博士後期課程。2013〜2015年、中国政府奨学生(高級進修生)として清華大学建築学院留学。編著書に『ねもはEXTRA 中国当代建築----北京オリンピック、上海万博以後』(フリックスタジオ)など。

会場:明治大学生田キャンパス第二校舎4号館3階4310室
日程:第一回10月26日(月)
   第二回11月13日(金)
時間:18:00〜20:00
モデレーター:石榑督和(明治大学理工学部建築学科助教/都市史・建築史)