HOME >  イベント  > 大学院特別講義・都市の公共的屋外空間の可能性 〜公開空地アート・プロジェクトをめぐって〜

大学院特別講義・都市の公共的屋外空間の可能性 〜公開空地アート・プロジェクトをめぐって〜


明治大学大学院理工学研究科特別講義
「都市の公共的屋外空間(パブリック・オープン・スペース)の可能性
〜公開空地アート・プロジェクトをめぐって〜」

公開空地は再開発など都市空間を高度利用するプロジェクトに際して、周辺住民や歩行者が利用できるよう設けられるもので、都市の公共的屋外空間として重要な位置を占めています。しかし、それらの存在はほとんど知られず、あまり活用されているとはいえません。
アート&ソサイエティ研究センターが取り組んでいる公開空地を舞台としたアート・プロジェクトに焦点をあて、まちの創造性を高めるための公開空地の活用可能性について語ります。また、田中研究室で実施している多様なアクティビティを受け止めるための都市空間の設えに関する研究についても発表し、クロストークを行ないます。

ポスター (pdf) を見る

日時: 2011年12月10日(土) 17:00〜18:30
場所: 明治大学駿河台キャンパス
リバティタワー1076教室
講師: 工藤安代(NPO法人アート&ソサイエティ代表理事)

主催: 明治大学大学院理工学研究科建築学専攻 建築計画・設計研究室(田中研究室)
共催: NPO法人アート&ソサイエティ研究センター
参加費: 無料
問い合わせ先: 建築計画・設計研究室