HOME >  イベント  > 2012日本建築学会国際建築都市デザインワークショップ下北沢/国際シンポジウム「低炭素時代のサステイナブル・コンパクトシティーへ向けて」

2012日本建築学会国際建築都市デザインワークショップ下北沢/国際シンポジウム「低炭素時代のサステイナブル・コンパクトシティーへ向けて」


理工学部建築学科で、日本建築学会主催の「第3回 国際建築都市デザインワークショップ」および「国際シンポジウム」が開催されます。

2012 日本建築学会国際建築都市デザインワークショップ下北沢
「地域が支えるグリーンコンパクトシティの構築:世田谷」
■日本建築学会では、「国際建築都市デザインワークショップ」を、2010年に佐賀県唐津市、2011年に岡山県高梁市で開催してきましたが、今年度は、東京都世田谷区下北沢地区で開催することになりました。ワークショップの会場は、国際プロフェッショナルコース(大学院)を2013年度から開設する理工学部建築学科の製図室です。本ワークショップでは、世田谷区全体と小田急線上部利用地区を対象とし、(1)高齢福祉時代の多重交通ネットワークの検討、(2)農地を生かした職住近接型のコミュニティーの形成、(3)小学校をコアとした地域コミュニティーおよび防災拠点のデザイン、(4)鉄道軌道上部を利用した持続可能な(グリーン)まちづくりデザインなどを主要なテーマとして、具体的なデザイン提案をします。また、関連イベントとして、「国際シンポジウム」を7月27日(金)に開催します。
■日時:2012年7月21日(土)?29日(日)
■会場:明治大学理工学部建築学科製図室
■参加学生:海外および国内の学生40名程度
(参加国、ドイツ、スロバキア、チリ、シンガポール、インド、インドネシア、韓国、中国、日本など)
■主催:(社)日本建築学会 (住まい・まちづくり支援建築会議 および 同都市計画委員会)
■共催:明治大学理工学部建築系学科、九州大学大学院人間環境学研究院都市建築部門
■後援:世田谷区、(社)日本建築家協会、しもきた商店街振興組合、下北沢南口商店街振興組合(予定)
■協力:グリーンライン下北沢、NPO法人まちづくりデザインサポート、おやじネット下北沢
■講師:小林正美(明治大学理工学部建築学科教授)
    出口敦(東京大学大学院新領域創成科学研究科・教授)
    倉田直道(工学院大学建築学部まちづくり学科・教授)
    佐々木宏幸(明治大学理工学部建築学科准教授)
    ピーター・ポッセルマン(米国・カリフォルニア大学バークレー校・教授)
    ステファン・ペレグリーニ(米国・カリフォルニア大学バークレー校・講師)
    アン・シュウ(フランス国立建築大学ブルターニュ校・准教授)
    藍谷鋼一郎(九州大学大学院人間環境学研究院都市建築部門・特任准教授)
    小池博(明治大学理工学部建築学科・講師) ほか

【公開中間発表会】
日時:7月26日(木)18:00?21:00
会場:北沢タウンホール11階研修室3・4(東京都世田谷区北沢2丁目8−18)

【公開最終発表会】
日時:7月29日(日)15:00?18:00
会場:下北沢成徳高等学校ミモザホール(東京都世田谷区代田6丁目12−39)


【国際シンポジウム】
『低炭素時代のサステイナブル・コンパクトシティーへ向けて』
世界的な都市づくりの潮流であるグリーンコンパクトシティの動きを参照し、大震災以降の日本の防災・エネルギー政策などのあり方について、国内外の学識者と世田谷区長が自由に議論をする。
■日時:2012年7月27日(金)18:30?21:00
■会場:明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン3Fアカデミーホール
    (千代田区神田駿河台1?1)
■パネリスト:ピーター・ポッセルマン(米国・カリフォルニア大学バークレー校・教授)
      アン・シュウ(フランス国立建築大学ブルターニュ校・准教授)
      出口敦(東京大学大学院新領域創成科学研究科・教授)
      倉田直道(工学院大学建築学部まちづくり学科・教授)
      佐々木宏幸(明治大学理工学部建築学科・准教授)
      保坂展人(世田谷区長)
 コーディネーター:
      小林正美(明治大学理工学部建築学科・教授)
使用言語:日本語又は英語
※いずれも参加費無料、申込不要。
■詳細情報: http://www.aij-iaud-ws.org/
■連絡先:「2012日本建築学会国際建築都市デザインワークショップ下北沢」実行委員会事務局 03-3418-7711