HOME >  イベント  > 2015年明大建築シンポジウム 「都市を変える建築的実践 ローカルなプレ・デザインとデザイン」

2015年明大建築シンポジウム 「都市を変える建築的実践 ローカルなプレ・デザインとデザイン」


meiken_2015.jpg


【企画主旨】
 戦後日本が持っていた空間構造と社会構造の一体性が崩れ、空間的ストックと社会的要求に大きなズレが生じている現在、これまでの枠組みを組み換え、ストックと社会の関係性を築き直そうとする取り組みが建築家や建築学を出自とする人びとによって各地で行われている。
 本シンポジウムではそうした革新的な取り組みを行う3名の方々をお招きし、前半では実践を中心に報告を行っていただき、後半では都市計画史・都市史を専門とする研究者を交えて議論する。

●日時:2015年11月26日(木)18:15〜20:30
●会場:明治大学生田キャンパス第二校舎A館4階特殊プレゼンホール 
●参加費:無料(学外の方でも参加できます。申し込み不要)
●主催:明治大学理工学部建築学科・同大学院理工学研究科建築学専攻
●共催:明治大学科学技術研究所、明建会


【プログラム】
あいさつ 園田眞理子(明治大学教授)

第1部:プレゼンテーション(18:20〜19:20)
ナカムラケンタ(株式会社シゴトヒト代表取締役・本学卒)
連勇太朗(NPO法人モクチン企画代表理事、横浜国立大学大学院客員助教、慶應義塾大学大学院SFC特任助教)
岩瀬諒子(岩瀬諒子設計事務所、東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手)

第2部:ディスカッション(19:20〜20:20)
コメント:藤賀雅人(目白大学社会学部専任講師・本学卒)
モデレーター:石榑督和(明治大学助教)


問い合わせ先:明治大学理工学部建築学科 担当:石榑督和
e-mail: gure◎meiji.ac.jp 送信時に◎を@にしてください。