• TOP
  • ABOUT
  • PEOPLE
  • ACADEMICS
  • ADMISSIONS
  • RESOUCES
  • ACCESS
  • CONTACT

NEWS

I-AUD EVENING LECTURE SERIES 2016 FALL

2016/12/09

EveningLec2016outlined-2.png

Evening Lecture 2016 spring

2016/05/19

EveningLec2016-01.png

【企画主旨】
今年も引き続きI-AUDでは、社会に広く開かれた建築・都市デザイン分野に関する情報発信を行うため、 国内外の第一線で活躍する実務家や学識経験者を招聘し、 英語によるレクチャー・シリーズを広く一般に公開して 明治大学新中野キャンパスの6階ラウンジで開催します。 皆様奮ってご参加ください。 * 講義は全て英語になります。

【日時 ・ 講師】

- No. 24 - 
山道拓人氏 / 建築家/ ツバメアーキテクツ共同主宰 
5月26日(木) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ
FACEBOOK:https://www.facebook.com/events/776227162507320/

- No. 25 -  
鈴野浩一氏 / 建築家 / トラフ建築設計事務所共同主宰、京都精華大学客員教授、立命館大学客員教授
6月16日(木) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ
FACEBOOK:https://www.facebook.com/events/1740494996236561/

- No. 26 - 
松川昌平氏 / 建築家 /  000studio主宰、慶応義塾大学SFC環境情報学部准教授
7月15日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ
FACEBOOK:https://www.facebook.com/events/281822135487855/

Bangkok Workshop 2014(秋期)

2016/05/11

Introduction of the Joint Design Workshop, January 10-17 2015, Chulalongkorn University INDA
BANGKOK
- How to rejuvenate a river front neighborhood with historical value? Redevelopment project of Saphan Pla fish market area in Bangkok -
(Bangkok Workshop 2015)

In mega cities such as Hong Kong, Singapore, Bangkok and Tokyo we are facing common conflicts between the existing quality of life and the new urban development. In particular, we need to share the strategic solutions to balance the historical value and the development pressure.
We, planners and designers, have to realize what kind of phenomena exactly occurs in the city, and to analyze the current issues. Then, by envisioning the possible strategies for the ideal future images of the area, it is important for us to propose substantial design solutions in the form of architectural or urban design. In this winter workshop in January, we will focus on a specific site in downtown Bangkok and investigate the future visions of the area intensively, within a short period of time.

Group A1


Group A2


Group B1


Group B2


Group B3


Group C1


Group C2


Advanced Design Studio2 Workshop in Portland 2014(秋期)

2016/05/11

CIMG1723.JPG

CIMG1896.JPG

IMG_0909.JPG

Introduction of course assignments and focused area
PORTLAND - Portland Center for Micro-Enterprise Making Buildings for Makers -
October 11-19 2014, University of Oregon

(Advanced Design Studio2: Fall 2014, Workshop in Portland)

In the new production economy of Portland (and many other cities) small-scale manufacturing and local food production are returning, beginning again to play significant roles in the urban economy an urban life. The studio involves the design, documentation and exhibition of two linked projects: buildings and spaces for small-scale "makers," food producers and manufacturers. To be located on site on Portland's East Side, the projects will combine architectural innovation, economy of means and understanding of humane and effective workplaces for new manufacturing and production.
The assignment consists of 2 phases where the first part was accomplished in the "Charette Workshop" in Portland Campus of the University of Oregon and the second part as the parallel studio as to develop the acquired information and the experience in Portland to focus more on architectural design for the Micro-Enterprise.

USC TUDO Workshop 2014 Report

2016/05/11

13.jpg

4.jpg

6.jpg

Introduction of the Design Workshop, September 25-October 3 2014, University of Southern California / Technical University of Dortmund
TOKYO - Tsukiji Master Plan and Post Olympic Urban Design Project -

(USC TUDO Workshop 2014)

With the recent selection of Tokyo to host the Summer Olympics in 2020, a lot of planned construction for new Olympic venues will occur in the Odaiba area of Tokyo Bay. The site for the Olympic venues is planned for on what is now industrial landfill but occupies an important point at the northern edge of Tokyo Bay, and at the mouth of the Sumida River. A part of this plan is to move the current Tsukiji Fish Market with the introduction of a new road and bridge directly connecting the main part of Tokyo to the new Olympic venues.
This project will be to create a new urban plan for the Tsukiji and surrounding area of approximately 250,000 square meters, to incorporate the planned roadway and bridge, propose a new street pattern and layout, and to designate areas of new programmatic functions that will define the district post Olympic and for the future of this area of Tokyo.

We seek creative, sustainable solutions that engage the water as a natural amenity, and promote new technologies that can be utilized for transportation and energy consumption. We also seek environments, which advance a sense of community, human connections, forming a coherent community that advances and promotes creativity and the arts, small business growth, and connection to the Tokyo Bay.

Group2


Group4


USC Workshop 2014 within Advanced Design Studio3 Report

2016/05/11

DSC02267.JPG

DSC02570.JPG

DSC02603.JPG

Introduction of the Design Workshop, June 3-14 2014, University of Southern California
SAN FRANCISCO - 5M Project -

(USC Workshop 2014 within Advanced Design Studio3: Spring 2014)

Located just south of the active Market Street in San Francisco, the 5M Project Proposal proves to be a promising area that can revive the otherwise slow neighborhood. The site sits on the cross-streets of 5th and Mission, north of a thriving technology zone, and in the middle a creative area. The site itself hosts The Hub, a collaborative workspace for socially progressive individuals, a nonprofit community for the arts and tech shop. Food culture and bicycling is prominent and a Transit Urban Center on 3rd Street, along with various adjacent transit stops offer users alternative transit options.
The main issue at hand is the lack of circulation and public space through the site that results in minimal site activity, a contradiction to the thriving creativity within this potential culture juncture. To propose the development of a new district implies a boost in the activation of the surrounding area. Creating better circulation through the site will create more porosity and allow optimal accessibility. Lastly, with such a rich and vibrant creative industry, users will be more inclined to engage with one another and create an interconnected environment. The design teams are to focus on the podium portion of the newly proposed development considering its complex building program to embrace the surrounding urban condition.

Group A


Group B


Group C


Group D


Group E


Advanced Design Studio3 2014(春期)Report

2016/05/11

Taketomi Studio
1-01.jpg

20140424_144422.jpg

20140424_164341.jpg

UNDERGROUND Studio

DSCN2844.JPG

DSCN2845.JPG

DSCN2888.JPG

Introduction of course assignments and focused area (conducted in 2 assigned groups)

(A) How to envision sustainable developments corresponding to the natural context? - New building types of architecture / landscape design in Taketomi Island -

Taketomi is a well-known beautiful island with natural landscape and manmade townscapes with tropical environment. Recently cheap transportations by LCC air companies have been developed and it substantially increased the tourists' number, and hence the conflict between the residents and the touristic business such as buffalo riding became more serious issues.

This design studio will investigate the existing assets of the island, clarify the current issues, and find several sustainable design solutions. The students will acquire the abilities to combine the design strategies of architecture and landscape design.

(B) UNDERGROUND

Underground is the oldest living space for human beings and regarded as a frontier up to today. The studio aims to find out possibility of underground spaces through designing the architecture under the ground.
The issues are:
1. The ability of an underground space is now under reviewed for the efficiency of an earthquake-resistant, of keeping constant temperature and of a shelter (against radioactive contamination). Accumulated technologies in the field of civil engineering could be transformed into architecture.
2. Underground is not used only by human beings but by animals as well. Biomimicry, which is the upcoming design formula with computational tools can be applied.

Hiroshi Yanagihara

Miyuki Oba


Laetitia Philipon


Jirapa


Wataru Ogino


Soichiro Harada


Summer Workshop 2014 Report

2016/05/11

site3.JPG

working1.JPG

working2.JPG

Introduction of the Joint Design Workshop, August 3-9 2014, Chulalongkorn University INDA
TOKYO - How to envision an ecological city, restructuring the existing urban contexts?" -
(Summer Workshop 2014)

In mega cities such as Hong Kong, Jakarta, Singapore, Bangkok and Tokyo, we are facing common conflicts between the quality of life and the physical environment (in terms of density, transportation network, public open space and natural assets). In particular, we need to share the strategic solutions to envision an ecological city and restructure the existing urban contexts. In this summer workshop, we focus on a specific site in Tokyo (Uchi-kanda) and investigate the future visions of the area in the form of architectural design intensively.


Group A outcome


Group A outcome


「2014 YEAR BOOK」を公開しました!

2016/05/09

Advanced Design Studio1: 2014(春期)

2016/05/09

studio2014spring3.jpg

S__15794268.jpg

DSC_0791.jpg

Introduction of course assignments and focused area
Nakano Station South - City Elements and Architecture

(Advanced Design Studio1: Spring 2014)

The aggravation of global environment, social and economic issues requires us to change the way to design cities and buildings. Cities need to be designed more diverse, compact and well connected with street networks and public transit systems. Districts and buildings need to be designed to accommodate a variety of human activities and more responsive to the local environment, context and culture.
The entire studio will be focusing on the district on the south side of Nakano Station that is mainly composed of Nakano 1-chome and 2-chome. The focused district consists of variety of land uses such as single-family homes, multi-family houses, retail stores in various scales, civic buildings, office buildings, theatres, schools, public parks and so forth. Nakano Street extending southward from Nakano Station is the major commercial arterial in the district and a smaller-scale retail street extends parallel to Nakano Street. The character of this district has an interesting contrast to the one on the north side of the railroad tracks, where Nakano Broadway, which is a mecca of "otaku", Nakano Sun Mall, Nakano Sun Plaza, and Nakano City Hall are located. The finely grained urban fabric and the topographic changes in this district generate a unique character of this district.

Evening Lecture Series 2015 Spring Report

2016/04/27

Evening Lecture 2015 spring

5月1日(金)増田信吾氏(SHINGO MASUDA+KATSUHISA OTSUBO architects)

5月22日(金)中谷礼仁氏(早稲田大学教授)

6月19日(金)Florian Busch氏(Florian Busch Architects)

7月3日(金)国広ジョージ氏(国士館大学教授)

IMG_9253sh.jpg

DSC08542.JPG

IMG_9277sh.jpg

第3回ヒューリック学生アイデアコンペ 佳作

2016/04/21

hulicsh.png

< 受賞者 >
須嵜雄輝/水野裕介/古屋雅之/渡辺純希

多様なエレメントが詰まった横浜に現れる、最もヨコハマらしい建築。横浜は、たくさんの埠頭が海に向かって突き出している。それは、より多くのヒトやモノを受け入れようということの表れである。横浜に訪れる観光客は、海岸線の凹凸に沿うように配置された様々な観光地や気持ちの良い緑のランドスケープによって導かれ、街をめぐる。
この建築はそうした横浜のアイデンティティと都市とを連続するように組み上げた。この建物を訪れる観光客は立体的なランドスケープをめぐることで、ヨコハマを体感しながら、空間をめぐる。海へと伸びる波止場は、未来に向かって空へと展開していく。

http://www.hulic.co.jp/compe/2015/results02.html

2014年度第8回長谷工住まいのデザインコンペティション 優秀賞

2016/04/20

nokishitasharesh.png

< 受賞者 >

水野裕介/古屋雅之/須嵜雄輝

中心市街地の商店街は高齢化やスプロール化,あるいは郊外の大型ショッピングモールによって廃れ,シャッター街になっているのが現状である.そのため,地方ではコンパクトシティを目指し,郊外から中心市街地に移り住んでもらうことを積極的に進めている.そこで,歩行者中心の環境が根付いた中心市街地の商店街に,郊外で孤独に暮らし,共通の趣味を持つお年寄りたちが住まうシェアハウスを提案する.余生を楽しむお年寄りの多様な趣味が商店街を彩っていく.軒下は住人の趣味の共用空間となり,同時に来訪者と住人のふれあいの場ともなる.ストリートに伸びる軒下を建物内部に引き込み積層させることで,共用空間が立体的に構成され,住戸が商店街の一部となる.軒下に集うお年寄りたちの第二の人生が地方都市を活気づける.

http://www.japan-architect.co.jp/haseko/2014/award_2nd_01.html

IS ARCH 5th Edition Second Prize

2016/04/20

YoshihitoTamba_bookishHillssh.png

< 受賞者 >
丹波慶人

http://www.isarch.org/en

Evening Lecture 2014 西沢大良氏(JP)

2015/05/12

taira nishizawa.JPG

1月30日(金)西沢大良氏

Evening Lecture 2014 古谷誠章氏(JP)

2015/05/12

nobuaki furuya.png

1月23日(金)古谷誠章氏

Evening Lecture 2014 ENRIC MASSIP氏(SP)

2015/05/12

enric massip.JPG

12月12日(金)ENRIC MASSIP 氏

Evening Lecture 2014 fall

2015/05/11

Evening Lecture 2014 a/w


【企画主旨】
後期も引き続きI-AUDでは、社会に広く開かれた建築・都市デザイン分野に関する情報発信を行うため、
国内外の第一線で活躍する実務家や学識経験者を招聘し、
英語によるレクチャー・シリーズを広く一般に公開して
明治大学新中野キャンパスの5階大ホールで開催します。
皆様奮ってご参加ください。

* 講義は全て英語になります。


【日時 ・ 講師】

- No. 16 -  
ENRIC MASSIP 氏 / 建築家 / ESTUDI MASSIP-BOSCH ARCHITECTS 
12月12日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ

- No. 17 -  
YOLANDE DANIELS氏 / 建築家 / コロンビア大学大学院建築 都市計画学科助教授
12月19日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ

- No. 18 - 
古谷誠章氏 / 建築家 / 一級建築士有限会社ナスカ・早稲田大学創造理工学部教授
1月23日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ

- No. 19 - 
西沢大良氏 / 建築家 /  西沢大良建築設計事務所・芝浦工業大学建築工学科教授
1月30日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎6階ラウンジ

Evening Lecture 2014 隈研吾氏(JP)

2015/05/11

KENGO KUMA

7月18日(金) 隈研吾氏

Evening Lecture 2014 豊田啓介氏(JP)(TW)

2015/05/11

KEISUKE TOYODA

7月4日(金) 豊田啓介氏

Evening Lecture 2014 トム・へネガン氏(UK)

2015/05/11

TOM HENEGHAN

6月20日 (金)トム・へネガン氏

Evening Lecture 2014 光嶋 裕介氏(JP)

2015/05/10

YUSUKE KOSHIMA

5月30日 (金) 光嶋 裕介氏

ENSAPL(フランス)合同ワークショップ 2014 最終講評会(4月25日)のご案内

2014/04/23

a_2014FrenchWS.jpg

日時:4月25日(金) 16:00 - 19:00
会場:明治大学新中野キャンパス 6階プレゼンテーション・スペース(東京都中野区中野 4-21-1)
主催:明治大学大学院理工学研究科 建築・都市デザイン 国際プロフェショナルコース(I-AUD)


4月21日(月)から4月25日(金)までの期間、ENSAPL / Ecole Nationale Superieure D'Architecture Et De Paysage De Lille(リール、フランス)とのワークショップを開催しています。東京の中野駅を中心とした南北を対象地として今後も開発の進む
中野駅界隈において、新しい駅のあり方について着目します。

皆様、奮ってご参加ください。英語による講評会となります。交通アクセスは下記のサイトよりご確認ください。
www.meiji.ac.jp/nakano/access

第27回建築環境デザインコンペティション 選外佳作

2014/03/17

27th.jpg

< 受賞者 >
滝澤柾志 / 行時寛

ストックになりつつある立体駐車場を、緑と水を使って都市の空気をきれいにし、可視化することで、新しい街並みを形成するきっかけを作る。

第4回JPM「夢の賃貸住宅」学生コンテスト 東京都支部長賞

2014/03/16

jpm.jpg

< 受賞者 >
原田爽一朗

細い通り沿いに並ぶ空家を賃貸として開放し,通りに床を張ることで、細く長い共用部を持った集合住宅を提案する。

JACS 2013 住宅設計コンペ 選外佳作

2014/03/15

jacs1.jpg

jacs2.jpg

< 受賞者 >
大庭みゆき

家族形態が大きく崩れ始めている今、集まって住む価値を考えた。家族以外の人間でも住みこなすことが出来る集合離散が可能な家で郊外の新しい普通の生活を始めてみる。

第一回 ヒューリック学生アイディアコンペ 佳作

2014/03/14

hulic1.jpg

< 受賞者 >
滝澤柾志 / 原田爽一朗 / 柳原啓志

2020年の東京/丸の内に伝統的な関東間長屋の九尺二間モデュールを採用した複合コンプレックスホテルを提案する。

香港大学(香港) 合同ワークショップ 2013年 後期

2014/02/20

a_IMGP2086.jpg

「Future Vision of Fanling 」  10月5-12日、2013年

Hong Kong's current land and housing shortage, its future population projections, and high real-estate values, have led the government to plan new residential developments around the existing new towns in the New Territories. Due to the proximity with the Shenzhen border, the North Eastern New Territories represents an ideal location for the future development.

Fanling / Sheung Shui New Town was once an historic active market town surrounded by vast fertile lands and old indigenous villages. As part of the new town programs the area quickly developed in the 1980's to a new residential development with commercial and industrial uses, though its original indigenous villages and agricultural uses were still preserved.

Since the late 1990's new development plans have redefined the existing land use and zoning laws to meet increased housing needs. These new plans threaten to extend outside the city limits, transforming the original green belts to dense residential development. The new government development plans of Fanling have sparked and on-going debate between pro-development entities and conservation activists due to its cultural, ecological and agricultural heritage. This workshop will review and challenge the current dvelopment proposals and will seek for an alternative planning strategy for this unique area.

a_IMGP2244.jpg

a_IMGP2248.jpg

南カリフォルニア大学 合同ワークショップ 2013 後期

2014/01/20

a_IMGP1878.jpg

「Post Olympics Tokyo Bay Urban Renewal Project」  9月19-26日、2013

With the recent selection of Tokyo to host the Summer Olympics in 2020, a lot of planned construction for new olympic venues will occur in the Odaiba area of Tokyo Bay. The site for the Olympic venues are on what is now industrial landfill but occupies an important point at the northern edge of Tokyo Bay, and at the mouth of the Sumida River. While planning for new facilities is well underway to meet the needs of new facilities for the Olympics, the question that our Design Workshop will address is what sort of facilities and transportation infrastructure will be necessary to support the new facilities, primarily the Olympic Village, post Olympics.

It is the goal of the master plan to allow for the development of a creative, sustainable environment, supporting healthy living, creative markets and industries, support of the arts, and a localinfrastructure that connect the established transportation network, as well as additinal local modes of transportation.

We seek cretive, sustainable solutions that engage the water as a natural amenity, and promote new technologies that can be utilized for transportation and energy consumption. We also seek environments, which advance a sense of community, human connections, forming a coherent community that advances and promotes creativilty and the arts, small business growth, and connection to nature.

a_IMGP1746.jpg

a_IMGP1642.jpg

槇 文彦 氏 による講演会 (12月20日) のご案内

2013/12/07

maki_flyer.jpg

「イブニング・レクチャー・シリーズ ‐槇 文彦 氏‐」

・日時: 12月20日(金) 19:00 - 21:00
・会場: 明治大学新中野キャンパス 5階大ホール( 東京都中野区中野 4-21-1 )
・主催: 明治大学大学院理工学研究科 建築・都市デザイン 国際プロフェショナルコース(I-AUD)

www.meiji-architecture.net/iaud/

2020年東京オリンピックに向けた新国立競技場デザイン案の"規模"が大きな話題になっていることはご存じかと思われます。そこで今回、本話題に関して既存の外苑前風景との前向きな融合に向けて先頭に立って活動されておられる槇文彦氏の講演会のご案内をさせて頂きます。

I-AUDでは、社会に広く開かれた建築・都市デザイン分野に関する情報発信を行うため、国内外の第一線で活躍する実務家や学識経験者を招聘し、英語によるレクチャー・シリーズを広く一般に公開して明治大学新中野キャンパスの5階大ホールで開催しています。皆様奮ってご参加ください。

オープン・レクチャー / 参加費無料 / 英語による講演 / 交通アクセスは下記のサイトよりご確認ください。
www.meiji.ac.jp/nakano/access

第7回 Evening Lecture 田根剛氏(FR) レポート

2013/10/22

tsuyoshi tane.jpg

2013年10月22日火曜日19時より、明治大学中野キャンパス5Fにて第7回イブニング・レクチャーが開催されました。

引き続き開催されることとなりました後期レクチャー・シリーズの初回ゲストは フランスを拠点に活動されていてDGT(DORELL.GHOTMEH.TANE/ARCHITECTS)の共同主宰者である建築家の田根剛氏でした。

柔らかい語り口調で建築家としての思想を込めた「archealogy of the future」をテーマにお話いただきました。田根氏は現在施工中であるエストニア国立博物館やファイナリストとなった新国立競技場コンペティション案などのスケールの大きいプロジェクトからパリのアパルトメント
内装などのスケールのものまでを紹介してくださりました。そして、これらのプロジェクトを通して建築を形作る上で氏が設定する4つの軸である
記憶(歴史)、時間、場所、空間の考察にも触れていただきました。

私はI-AUDの学生として、これからの都市・建築を考えるにあたりその場所が持つ記憶(歴史)が非常に大事であると改めて考えさせられる機会となりました。

講演終了後には、前期に引き続き懇親会を行い、活発な意見交換を行いながら多くの出席者とともに親睦を深めました。

国際デザインワークショップ(デザインスタジオ3) 2013年 夏期

2013/10/21

a_IMGP1492.jpg

a_IMGP1591.jpg

a_IMGP1490.jpg

「Nakano 2020」  8月3-9日、2013年

This international design workshop will focus on the district on the north side of Nakano station composed of Nakano 4 and 5 chome. The focused district consists of variety of land uses such as single-family homes, multi-family houses, retail stores in various scales, civic buildings, office buildings, uuniversity campuses and so forth.

The urban fabric in this area is also unique: buildings have a wide range of different scales, and different street & block patterns are juxtaposed. Nakano Broadway located at the terminus of Nakano Sun Mall, a major shopping mall, in Nakano 5 chome is famous for its successful small scaled shops for sub-culture goods and attract many "otaku" people. Institutional buildings, new university campuses and office buildings in Nakano 4 chome district attract many citizens, office workers and students to this area.

Nakano Ward has a plan to build a new station plaza on the west side of Nakano Avenue, move the existing Nakano Ward office, and redevelop the site of Nakano Sun Plaza, Nakano Ward office and Nakano Tax office. This plan has a potential to transform the urbanfabric in the focus area.Students are divided into 8 groups to target the assigned areas shown below.

Master Plan for Nakano Station area:
The four groups will prepare design for the organization of buildings and spaces for the study area. Issues of spatial enclosure and activation, circulation, parking, blocks and scales will be critical to success.

The Future of Nakano Avenue East:
The other four groups will prepare designs for the future of Nakano Avenue East district that include Nakano Boradway. Based upon the existing physical and cultural context, it will be critical to consider how to utilize and / or renovate the Nakano Broadway. In addition to the issue of architectural design, the issue of historic importance of Nakano Broadway and "otaku culture" to Nakano will be the primary consideration here.

*
participants were from:
ENSA (France) / Chulalongkorn University (Thailand) / Institut Teknologi Bandung (Indonesia) / National University of Singapore (Singapore) / Politecnico di Torino (Italy) / Temple University (U.S.A.) / Universite' Libre de Bruxelles (Luxemburg) / Universiti Teknologi Malaysia (Malaysia) / University of Oregon (U.S.A.) / University of Washington (U.S.A.)

Group D.jpg

team d poster2.jpg

THE ELEPHANT AND THE SNAKE
Kaoru Otsuka, Takashi Sasaki, Shuto Suzuki, Kellen Shipley, Akbar Firizky Agniputra, Katti Rob

第6回 Evening Lecture 塚本由晴氏 (JP) レポート

2013/07/05

yoshiharu tsukamoto.jpg

2013年7月5日金曜日19時より、明治大学中野キャンパス5Fホールにて第6回イブニング・レクチャーが開催されました。

今回のゲストレクチャラーはアトリエ・ワン主宰で東京工業大学大学院の准教授でもある、建築家の塚本由晴氏。テ?マは建築の「ふるまい」について講演されご自身の作品事例を通し、氏が考える「建築の振る舞い」ついてお話いただきました。なかでも場のデザイン・プロジェクト "みやした こうえん(渋谷)"では、都市コンテクストと建物との関係性だけではなく、都市コンテクストと"人"との関係性までもが入念に考察されていました。そして、そのデザイン・プロセスは本プログラムのアーバン・デザイン課題に取り組む際、参考にさせて頂きたいと強く思いました。

講演終了後には多くの出席者とともに懇親会を開催し、活発な意見交換を行いながら親睦を深めました。

2013年上半期、全6回のイブニングレクチャーは終わりましたが、今後も国際的な建築家をはじめとした専門家の方々を招いて講演会の開催を予定しております。

第5回 Evening Lecture Felix Claus氏(NL) レポート

2013/06/21

felix claus.jpg

2013年6月21日金曜日19時より、明治大学中野キャンパス5F515教室にて第5回イブニング・レクチャーが開催されました。

第5回目はオランダ、アムステルダムを拠点に設計活動を展開されているフェリックス・クラウス氏を招き、オランダ・アムステルダムの多角的な都市史とご自身の設計活動を中心にお話して下さいました。特に印象的だったのは氏が全体を通して教育者目線で、スタンダードの元となる
基本技能の重要性を説かれたことでした。その後、氏には設計スタジオ講師として1カ月の間、設計課題の指導を頂くというまたとない機会となりました。

講演終了後には多くの出席者とともに懇親会を開催し、活発な意見交換を行いながら親睦を深めました。

第4回 Evening Lecture 石川初氏(JP) レポート

2013/06/07

hajime ishikawa.jpg

2013年6月7日金曜日19時より、明治大学中野キャンパス5Fホールにて第4回イブニング・レクチャーが開催されました。

今回はランドスケ?プ・ア?キテクトの石川初氏にお越しいただきました。本校キャンパスの目の前に広がる"中野セントラルパーク"を含む担当された数々のプロジェクトとGPSを用いた非常に興味深いデザイン・プロジェクトについて講演をしていただきました。前者のプロジェクトからは計画時にどのような変更や改善がなされたかを実務的な視点から語られたことで、デザインの醍醐味を垣間見ることができました。また、後者のGPSを用いた活動においては情報のアーカイブ化がいかにデザイン・ツールとして大きな可能性を秘めているかを知ることができました。

そして、終盤では建築の国際性や建築の枠を超えた議論(氏が溺愛する愛犬にGPSを装着させて日々の行動を観測されていることなどを通して、身近なところでの問題発見にもGPSが有用であるのかなど)と質疑が行われました。

講演終了後には多くの出席者とともに懇親会を開催し、活発な意見交換を行いながら親睦を深めました。

第3回 Evening Lecture 藤村龍至氏(JP) レポート

2013/05/24

fujimura photo.JPG

2013年5月24日金曜日19時より、明治大学中野キャンパス5Fホールにて第3回イブニング・レクチャーが開催されました。

今回は、東洋大学理工学部建築学科で専任講師をされている建築家の藤村龍至さんをゲスト・レクチャラーにお招きしました。氏は、プロジェクトを「S.M.L.XL」に分類分けし、ご自身の近作からJRの鉄道駅を中心としたステーションシティ、東洋大学を拠点として市民と一緒に取り組んだ
ワークショップ「鶴ヶ島プロジェクト」までの幅広い活動に関して、お話して下さいました。また、これらの実務的な活動に加え、氏の説かれた
"萎縮した社会における建築家の役割とは"は、プロフェッショナルとしての建築家の姿勢を考える貴重な機会になりました。

講演終了後には多くの出席者とともに懇親会を開催し、活発な意見交換を行いながら親睦を深めました。親睦会では、レクチャーでは分からなかった藤村龍至さんのユーモアも感じる事が出来ました。

[ 2013年度 オープンキャンパス ]を下記の要領で開催します

2013/05/13

理工学研究科建築学専攻 国際プロフェッショナルコース(I-AUD)

2013年度 オープンキャンパス

日時: 2013年5月26日(日) 10:00 - 17:30

会場: 明治大学中野キャンパス http://www.meiji.ac.jp/nakano/access/index.html

プログラム
■I-AUD進学セミナー
11:00 - 12:00 @7階714共同研究室内 エスキスルーム

■I-AUD公開模擬授業
13:00 - 14:00 @7階714共同研究室内 エスキスルーム

■ナカノオープンスペースデザインコンペティション 全体審査
10:00 - 11:00 提出受付
12:00 - 13:00 一次審査
ポスターセッションによる質疑応答及び投票
10作品を二次審査に選出
14:20 - 15:35 二次審査(1部)
5作品のプレゼンテーション及び質疑応答
15:35 - 15:45 休憩
15:45 - 17:00 二次審査(2部)
5作品のプレゼンテーション及び質疑応答
17:00 - 17:30 結果発表及び表彰


nakano_open02.jpg


nakano_open01.jpg

UTM&I-AUD 国際ワ-クショップ

2013/05/11

2013年4月15日から3日間にわたり、I-AUDとマレ-シア工科大学(Universiti Teknologi Malaysia. Malaysia, UTM)との合同ワ-クショップを開催しました。I-AUDからは日本、タイ、アメリカ、UTMの国際プログラムからはイラン、イラク、マレ-シア、サウジアラビアの計7ケ国の学生が参加し、混成の5グループを編成し、中野キャンパス周辺の中野地区を対象としたデザイン提案を行いました。各グループは、現地調査、ディスカッションを積極的に行いながら提案をまとめ、最終日には、ハ-バ-ド大学のマーク・マリガン准教授も招き、最終発表会を行いました。

workshop1.jpg

workshop2.jpg

workshop3.jpg

第2回 Evening Lecture 藤本壮介氏(JP) レポート

2013/05/10

Sousuke Fujimotojpg

2013年5月10日19時から明治大学中野キャンパス5階ホールにおいて、第2回イブニングレクチャーを開催しました。

今回の講師は、建築家の藤本荘介氏。「アーキテクチャ アズ フォレスト」をテーマに、1時間半にわたる英語でのレクチャーを行っていただきました。藤本氏が少年時代を過ごした森の記憶から最新作であるサーペンタインパビリオンまで、氏の都市や建築に関する考え方やその変遷を、巧みなユーモアを交えながら非常にわかりやすく紹介していただきました。

講義後の質疑応答では、海外の留学生からも様々な質問が寄せられ、国際的に活躍する藤本氏への国内外での関心の高さが感じられました。 講義後のハッピーアワーでも、多くの参加者が藤本氏を囲み、建築談義に盛り上がっていました。

第1回 Evening Lecture ケン・タダシ・オオシマ氏(US)_レポート

2013/04/26

DSC09645.jpg

2013 年4 月26 日金曜日19 時より、明治大学中野キャンパス5Fホールにて第1回イブニング・レクチャーが開催されました。

イブニング・レクチャー・シリーズは、国際プロフェッショナルコースの開講を記念して建築・都市デザイン、さらにはその関連分野において国内外の第一線で活躍する実務家や研究者を招聘し、英語による外部に開かれた公開レクチャーを行うものです。

第1 回目はワシントン大学准教授のケン・タダシ・オオシマ氏を招き「in between」をテーマに、ご自身の研究、建築観を通して見えてくる建築の国際性について講演していただきました。氏は講演において日本を代表する建築家である堀口捨巳氏の名作を通して日本建築界のモダン化がいかに早い時期から始まっていたかを明らかにされました。

そして、講演終了後には多くの出席者とともに懇親会を開催し、活発な意見交換を行いながら親睦を深めました。

Evening Lecture Series

2013/04/11

EveningLec2013.jpg


【企画主旨】
I-AUDでは、社会に広く開かれた建築・都市デザイン分野に関する情報発信を行うため、
国内外の第一線で活躍する実務家や学識経験者を招聘し、
英語によるレクチャー・シリーズを広く一般に公開して
明治大学新中野キャンパスの5階大ホールで開催します。
皆様奮ってご参加ください。

* 講義は全て英語になります。


【日時 ・ 講師】

- No. 01 -  
ケン・タダシ・オオシマ氏 / ワシントン大学教授
4月26日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎5階ホール

- No. 02 -  
藤本壮介氏 / 藤本壮介建築設計事務所
5月10日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎5階ホール

- No. 03 - 
藤村 龍至氏 / 東洋大学理工学部建築学科専任講師、 藤村龍至建築設計事務所代表
5月24日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎5階ホール

- No. 04 - 
石川 初氏 / ランドスケープ・アーキテクト
6月7日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎5階ホール

- No. 05 - 
FELIX CLAUS (NL) / Architect / Claus en Kaan architecten
6月21日(金) 19:00 - 21:00
明治大学中野校舎5階ホール

- No. 06 - 
塚本由晴氏 / アトリエ・ワン / 東京工業大学大学院助教授
7月5日(金) 19:00 ‐ 21:00
明治大学中野校舎5階ホール

明大建築インターナショナルフォーラム

2013/02/05


【企画主旨】

来る2月23日に、昨年と同様、3年、4年、修士1年生が2012年に海外で経験し、
提案した建築や都市の作品を英語で発表します。
海外に関心のある学生は、先輩たちの活躍にぜひ接して刺激を受けて下さい。

●明大建築インターナショナルフォーラム
日時:2月23日(土)15:00−17:00
会場:明治大学地域産学連携研究センターB1Fホール
http://www.meiji.ac.jp/cii/6t5h7p00000c59bo.html


【発表内容】
1.タイ・バンコクスタジオ(修士1年・3年生)
2.ポートランドスタジオ(修士1年・4年生)
3.OBによる発表など

講評者 :  マニュエル・タルディッツ氏(予定)
       吉村靖孝氏(予定)

I-AUD 特任教授

2013/02/04

I-AUDの特任教授としてマニュエル・タルディッツ氏、吉村靖孝氏が4月から就任する予定となりました。
I-AUDのホームページ上では、両氏のプロフィールも近日公開します。

Fariha Amjad Ubaid准教授が特別ゲストとして来校

2012/11/30

DSC08687-.jpg


パキスタンのカラチにあるNED大学(The Nadirshaw Eduljee Dinshaw University of Engineering and Technology)からFariha Amjad Ubaid准教授が特別ゲストとして来校されました。修士課程1年生の計画・設計スタジオ2のゲスト・クリティックとして参加していただいたほか、「第3のタイポロジー」としてパキスタンの伝統と現代の建築と都市について講義をしていただきました。


DSC08689-.jpg

国際プロフェッショナルコース開設記念・連続講座第3回シンポジウム「明治大学の建築デザインとその国際性」 レポート

2012/10/12





20120922_symposium_report001_02.jpg


 明治大学建築学科では、9月22日土曜日に国際プロフェッショナルコース開設記念・連続講座第3回シンポジウム「明治大学の建築デザインとその国際性」 を明治大学駿河台キャンパスアカデミーコモンで開催しました。
 このシンポジウムでは、日本を代表する建築設計事務所の代表らをパネリストに招き、世界に通用する建築・都市デザイン分野のプロフェッショナルを育てるために今教育に何が求められるか、について活発な議論が行われました。

 まず、本学副学長である勝悦子国際連携本部本部長の挨拶では、国際化を重要戦略として位置付ける明治大学の取り組みとして、グローバル30国際化拠点整備事業への参加、国際的に活躍できる高度な人材の育成、質の高い教育の提供、学生のモビリティの向上、英語による中野キャンパスでの教育、1000人規模の国際交流を予定しているバンコクのASEANセンターの開設などについて紹介されました。

 続いて5人のパネリストから、国際化に関する様々な視点からのプレゼンテーションが行われました。
 まず、本学建築学科長の小林正美教授からは、大学院の新プログラムである国際プロフェッショナルコースの紹介が行われ、実践的な視点から総合的な課題の分析と解決をできる、世界に通用する高度な専門性を持ったグローバル人材を育成するための仕組みとその重要性が述べられました。
 続いて(株)三菱地所設計の東條隆郎代表取締役副社長からは、三菱地所設計の中国、台湾、ベトナム等における海外大規模プロジェクトに関する説明があり、今後ますます増加が予想される海外大規模都市計画や再開発事業にチャレンジしていく人材が求められているとの話がありました。
 次に、本学出身の(株)久米設計、山田幸夫代表取締役社長からは、自らの海外業務における経験の紹介があり、作法も制度も異なり、厳しい競争にさらされるグローバル社会で戦わなければならない際に求められる人材の資質について語られました
 続いて(株)日本設計の六鹿正治代表取締役社長からは、世界シェアにおける日本設計の立ち位置、各国における海外業務のプロセスの違い、国際社会における戦略的経営計画等に関する話があり、国際的な仕事をする際に最も大切なのは、タイミング、モティベーション、ノウハウの3点であるとの話がありました。
 最後に、本学建築学科の佐々木宏幸准教授からは、10年にわたる自身のアメリカでの実務経験から得た考えと、今後海外に出ていく学生に対する様々なアドバイスがありました。

 プレゼンテーション後のパネルディスカッションでは、建築学科の園田眞理子教授がモデレーターを務め、今の時代は建築業界においてピンチかチャンスかという問いかけに始まり、日本の建築業界の現状とそれに対する見解、日本のブランド力、そして企業が教育に求めることなど、活発なディスカッションが行われ、「世界に飛び立つ人材をぜひとも勇気を持って育てましょう。」との園田教授のコメントで、シンポジウムが締めくくられました。




20120922_symposium_report005.jpg