HOME >  教員・研究室  > [歴史・意匠・計画]佐々木 宏幸

[歴史・意匠・計画]佐々木 宏幸


研究室についての詳細は、直接お問い合わせになるか、研究室にホームページがある場合はそちらをご覧下さい。

氏名 佐々木 宏幸(ササキ ヒロユキ) labo_hiroyuki_sasaki.jpg
職格 准教授
研究室

建築・アーバンデザイン研究室

(場所) 明治大学生田校舎 4号館4314室
(Tel.) 044-934-7333 (Fax.) 同左

研究内容 (1)戦略的アーバンデザイン・都市計画の実践手法の研究
(2)現代アーバニズム理論の研究
(3)都市再生政策の日米比較研究
(4)公共交通指向TOD型開発の研究
(5)都市・環境デザイン教育に関する国際教育プログラムの研究
担当教科 (学部)
造形演習1・2、建築設計1、ランドスケープ
(大学院)
都市デザイン特論
略歴                                        
1985年 東京大学工学部建築学科 卒業
1985-1999年 株式会社フジタ
1997-99年 Calthorpe Associates, Berkeley出向
2000-2001年 Bay Area Rapid Transit, Berkeley インターン
2001年 カリフォルニア大学バークレー校都市地域計画学科大学院
修士課程修了(Master of City Planning ; MCP)
2001-2008年 Freedman Tung + Sasaki Urban Design, San Francisco(旧Freedman Tung & Bottomley)
アソシエイト/シニアアソシエイト/プリンシパル(共同代表)
2002年 AICP (米国公認都市計画家)
2008-2011年3月 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 准教授
2008年 合同会社Freedman Tung +Sasaki Urban Design 設立・主宰
2010年 博士(芸術工学)
2011年 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 特別准教授
2011年 明治大学理工学部建築学科 准教授(現在に至る)
所属学協会・役職
※代表的なもの
日本建築学会、 日本都市計画学会、 芸術工学会
米国都市計画家協会(APA)、ニューアーバニズム学会(CNU)
研究業績・受賞
※代表的なもの
[論文]
2010年 「ニューアーバニズム理論の特徴と変容に関する研究 -アワニー原則とニューアーバニズム憲章の比較を通して-」(佐々木・齊木)芸術工学会誌53号 
2010年 「ニューアーバニズム理論の実践手法としてみたSmartCodeの特性と課題に関する研究」(佐々木・齊木)芸術工学会誌53号
2010年 「ニューアーバニズム理論の実践手法としての統合型フォーム・ベースド・コードの可能性と課題に関する研究 -米国ワシントン州ボッセル市「ダウンタウンサブエリアプランと開発規定」の分析を通して-」(博士学位論文)神戸芸術工科大学 
2011年 「環境デザイン教育に関する国際教育プログラムの実施方法と課題に関する研究 -WAT_Kobe 2009の実践を通して-」共著 神戸芸術工科大学紀要「芸術工学2010」神戸芸術工科大学
                   
[論説]
2004年 「もうひとつのニューアーバニズム」都市計画 Vol.248
2004年 「新しい都市形態のコントロール手法?ニューアーバニストコーディング」都市計画 Vol.252
2006年 「『ライフスタイルセンター』アメリカ商業開発の新しい潮流とダウンタウン活性化への光明」季刊まちづくり11.0607 学芸出版社
2006年 「ニューアーバニズム委員会総会」都市計画 Vol.261
2007年 「官民協力によるレッドウッドシティーダウンタウンの活性化」都市計画 Vol.267 
2010年 「米国における"住みたくなる街"のデザインと管理を探る」2010米国住宅地まちなみ視察調査報告書(財)住宅生産振興財団
2010年 「ガーデンシティ舞多聞プロジェクトを通したデザイン教育」 芸術工学会誌No.50
  
[受賞]
2007年 CNU Charter Award 2007, Congress for the New Urbanism
2007年 Grand Boulevard Award, Grand Boulevard Initiative
2007年 California Redevelopment Award of Excellence 2007, California Redevelopment Association
2008年 "Comprehensive Planning-Small Jurisdiction" Award, American Planning Association, Northern California Chapter
2008年 California Redevelopment Award of Excellence 2008, California Redevelopment Association
受験生・在学生へ

建築をデザインすることは都市の一部をデザインすることであり、都市をデザインすることは、建築と公共空間の関係性をデザインすることです。すなわち建築デザイン・都市デザインは、連続した一連の創造活動であり、社会・経済など時代のニーズに的確に応えることが求められます。

グローバル化という大きな変革期に直面している今、私の日米両国での25年にわたるアーバンデザイン・ランドスケープデザイン・都市計画の実務を通して得た知識と経験をみなさんと共有し、1) 考える力2) 創る力3) 伝える力の向上を重視した実践的な指導を通して、国際舞台の第一線で活躍できる人材の育成を目指します。

みなさんも是非、身近な暮らしの中から勉強への興味を探し、積極的に視野を広げ、広く世界に活躍の場を求めてみて下さい。