HOME >  教員・研究室  > [構造・材料]高木 仁之

[構造・材料]高木 仁之


研究室についての詳細は、直接お問い合わせになるか、研究室にホームページがある場合はそちらをご覧下さい。

氏名 高木 仁之 (タカギ ヒトユキ) sawada.jpg
職格 准教授
研究室

建築構造第2研究室

(場所) 明治大学生田校舎 A号館A1014室
(Mail)htakagi@meiji.ac.jp
(Tel.)044-934-7338 (Fax.)044-934-7910(共通)

研究内容 (1)鉄筋コンクリート建物の耐震性に関する研究
(2)鉄筋コンクリート建物の耐火性能に関する研究
(3)PC・RC部材の動的衝撃加力の耐震性に関する研究
(4)PC・RC部材のせん断強度に関する研究
(5)PC・RCプレキャスト構造に関する研究
担当教科 (学部)
鉄筋コンクリート構造、建築構造実験、応用力学1
(大学院)
鉄筋コンクリート構造特論
略歴        
[略歴]
1975年 明治大学工学部建築学科 卒業
1977年 明治大学大学院工学研究科建築学専攻 修了
1978年 明治大学工学部 任助手
1998年 明治大学理工学部 専任講師就任
2004年 明治大学理工学部 助教授
2007年 明治大学理工学部 准教授
所属学協会・役職
※代表的なもの
日本建築学会、日本コンクリート工学協会
研究業績・受賞
※代表的なもの
[論文]
1998年 「プレストレストコンクリート梁のせん断特性に関する研究」
コンクリート工学年次論文報告集、日本コンクリート工学協会
2000年 「衝撃力を受けるPC梁の挙動に関する実験的研究」
コンクリート工学年次論文報告集、日本コンクリート工学協会
2000年 「軸力・せん断・曲げ応力作用下のシアコッター接合部耐力に関する研究」
明治大学理工学部研究報告、明治大学
2001年 「高強度鉄筋コンクリート耐震壁のせん断補強筋の補強限界に関する研究」
コンクリート工学論文集、日本コンクリート工学協会
2001年 「RC造部材のトラスアーチ理論におけるトラス機構角度に関する一考察」
日本建築学会構造系論文集、日本建築学会
受験生・在学生へ 建築は幅の広い分野で成り立っています。建築をより広い視野で捉え、興味を持ち自らの将来に向かって着実な勉学に励むことを期待します。