HOME >  教員・研究室  > [環境・設備]酒井 孝司

[環境・設備]酒井 孝司


研究室についての詳細は、直接お問い合わせになるか、研究室にホームページがある場合はそちらをご覧下さい。

氏名 酒井 孝司 (サカイ コウジ) sawada.jpg
職格 教授
研究室

建築環境工学研究室

(場所) 明治大学生田校舎A館1116号室
(Mail) sakaik@meiji.ac.jp
(Tel.) 044-934-7335 (Fax.) 044-934-7910(共通)
(URL)http://www.isc.meiji.ac.jp/~environ/

研究内容 (1)建築・都市環境の数値解析
(2)環境共生建築の温熱環境評価
(3)太陽熱利用暖房と蓄熱システムの開発
(4)数値流体力学
担当教科 (学部)
建築熱・空気環境1、建築熱・空気環境2、建築環境概論,情報処理2, 建築環境実験1
(大学院)
建築環境工学特論A,建築環境工学特論B
略歴
1990年 明治大学工学部建築学科卒業
1995年 明治大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程修了・博士(工学)
1995年 熊本大学工学部建築学科・専任助手
2001年 大分大学工学部建設工学科・専任講師
2002年 同上助教授
2006年 明治大学理工学部建築学科助教授
2009年 明治大学理工学部建築学科教授
所属学協会・役職
※代表的なもの
日本建築学会、空気調和・衛生工学会、日本太陽エネルギー学会
研究業績・受賞
※代表的なもの
[論文]
2001年 A Simulation of an Underground Heat Storage System Using Midnight Electric Power,
BUILDING AND ENVIRONMENT, Vol.36,No.6, PP771-778(酒井,石原,笹口,馬場,佐藤)
2002年 室内外等温乱流場におけるSIMPLEC法の計算安定性に関する考察、
日本建築学会計画系論文集, No.555, PP37-44(酒井,岩本,倉渕,松尾)、
A works on the Thermal Performance and Air Distribution of a Displacement Ventilation System Applied for Large Space,INDOOR AIR02,PP771-776(酒井,山口,石原,真鍋)、
2003年 A Simulation of the Thermal Storage Performance of the Metal Fin Embedded Concrete、
Building Simulation03, Vol.3, PP1155-1162(酒井,真鍋,山崎,小島)
2004年 九州地域における住宅用PVシステムの発電量推定、
太陽エネルギー,Vol.30,No.4,PP56-62(酒井,中上,田中,真鍋,石原)、
可動式ノズル吹出口の大空間への適用に関する研究, 日本建築学会環境系論文集、
No.588,pp.41-49(久保,加治屋,酒井,植田,松尾)
2005年 A Basic works of the Thermal Storage Performance of Metal Fin Embedded Concrete、
YSRIM, pp.153-160(酒井,真鍋,小島,山崎)
2006年 隙間風の流入による充填断熱壁体内の結露可能性に関する研究、
日本建築学会環境系論文集,No.602,pp.39-44(石井,久保,酒井,石原)
[著作]
2002年 「南九州の気候に合った住まい造り」住宅金融公庫南九州支店(共著)
[受賞]
2005年 日本太陽エネルギー学会押田賞(論文賞)
「住宅用太陽光発電システムの経済性と環境負荷評価」(田中,石原,酒井)
受験生・在学生へ

建築環境工学の目的は,居住者への快適な環境の提供にあります.快適環境の構築には,熱・光・空気・音・水といった人間を取り巻く自然環境や人体の物理的・心理的反応の把握と,建築設備のような技術的裏付けが必要不可欠です。

また,地球温暖化問題に呼応して,環境にやさしい建築が社会的に要望されています。居住者だけでなく地球環境にやさしい建築を創造するためには,日頃から,気候の変化や室内の暖かさ・涼しさ,風の流れ等の温熱環境に興味を持って,建築を学ぶとよいでしょう。