HOME >  スタジオレポート1年生  > 2011年造形演習1.2 パース表現演習

2011年造形演習1.2 パース表現演習


造形演習1.2の授業内容を紹介します。
ad1_20110713_07.jpg


造形演習では、立体造形・素材・表現の3つのテーマについて、空間構成・構図・遠中近景の表現・陰影の表現・着彩手法などを勉強します。
テーマごとに先生も違うので、授業内容もそれぞれです。
ちなみに、立体表現は小林先生、素材は榊先生、表現は佐々木先生が担当なさっていて、例えば榊班ではスケッチによる素材感の表現から始まり、キャンパス内や身近にある素材を観察、それらを3週目でボードにまとめる、といった具合です。


先週までは各班に分かれて授業を行ったのですが、今週は3組合同でパース演習ということで、授業の様子を少し。


ad1_20110713_08.jpg
一生懸命描いてます。味があっていい感じです。

ad1_20110713_09.jpg
上級生も参加しています。

ad1_20110713_10.jpg
榊先生です。

ad1_20110713_11.jpg
着彩すると雰囲気もガラッと変わりますね。

ad1_20110713_12.jpg
全体はこんな感じです。


次回は最後の授業ということで、全体講評で各班の優秀作品を紹介します。