HOME >  受賞  > 理工学研究科建築学専攻・松本幸司君が、神戸市主催の「神戸らしい眺望景観ビューポイントサイン」デザインコンペで入選

理工学研究科建築学専攻・松本幸司君が、神戸市主催の「神戸らしい眺望景観ビューポイントサイン」デザインコンペで入選


理工学研究科建築学専攻博士前期課程1年の松本幸司君(佐々木宏幸研究室)が神戸市主催の「神戸らしい眺望景観ビューポイントサイン」デザインコンペで入選しました。

神戸のまちの魅力の重要な要素である変化に富んだすばらしい眺望景観をまもり、そだてていくために選定された「神戸らしい眺望景観50選.10選」のビューポイントサインをデザインするコンペにおいて、独立型と埋め込み型のサインのデザインを統一することにより転用を可能にし、QRコードや写真をクーポンとして利用するといったコンテンツにより更新性のあるサインを提案した松本君の提案は、アクティビティとソフトをよく捉えている作品として高く評価されました。
松本君のコンペ受賞は、日本電気硝子(株)主催「第18回空間デザイン・コンペティション A.提案部門」入選、(株)三春情報センター主催「第1回横浜サローネ建築コンペティション」最優秀賞・ベストプレゼン賞に続く3コンペ連続の受賞となります。