HOME >  受賞  > 今年も理工学部建築学科の教員・OBが日本建築学会の作品選奨・奨励賞・作品選集新人賞を受賞

今年も理工学部建築学科の教員・OBが日本建築学会の作品選奨・奨励賞・作品選集新人賞を受賞


理工学部建築学科の教員および卒業生が、2015年日本建築学会作品選奨・奨励賞・作品選集新人賞を受賞しました。詳細は下記の通りです。

■作品選奨(その年の日本建築学会作品選集掲載作品のうち特に優れた作品に与えられる賞)
・中村拓志(NAP建築設計事務所主宰/建築学科卒業生)「録museum」

■奨励賞(日本建築学会会員により近年中に発表された独創性・萌芽性・将来性のある建築に関する優れた論文等に与えられる賞)
・石榑督和(建築学科 助教/建築学科卒業生)「闇市の形成と土地所有からみる新宿東口駅前街区の戦後復興過程 − 新宿駅近傍における都市組織の動態をめぐって その1」

■作品選集新人賞(日本建築学会作品選集掲載作品の40歳未満の筆頭設計者に与えられる賞)
・今村水紀(miCo./建築学科卒業生)(共同受賞)「駒沢公園の家」

関連リンク:http://www.aij.or.jp/2015/2015prize.html