HOME >  教員・研究室  > [環境・設備]光永 威彦

[環境・設備]光永 威彦


研究室についての詳細は、直接お問い合わせになるか、研究室にホームページがある場合はそちらをご覧下さい。

氏名 光永 威彦 (ミツナガ タケヒコ) takehiko_mitsunaga.jpg
職格 専任講師
研究室

建築設備研究室

(場所) 明治大学生田校舎 4号館4301室
(Mail) mitsunaga@meiji.ac.jp
(Tel./Fax)044-934-7380

研究内容 (1)最適な給水給湯システムの研究開発
(2)拡張排水システムの研究開発および設計手法
(3)建築設備に関する設計手法の合理化
担当教科

(学部)
建築設備概論、給排水衛生設備、建築環境実験1・2、情報処理・実習1

略歴
[略歴]
2006年 明治大学 理工学部建築学科 卒業
2008年 明治大学大学院 理工学研究科建築学専攻 博士前期課程 修了
2008〜2020年 株式会社 山下設計 技術設計部門 機械設備設計部 /プロジェクト推進部門PM部FM室
2017年 明治大学大学院 理工学研究科建築学専攻 博士後期課程 修了
2020年 明治大学 理工学部建築学科 専任講師
所属学協会・役職
※代表的なもの
日本建築学会、空気調和・衛生工学会、給排水設備研究会、日本環境管理学会
研究業績・受賞
※代表的なもの
[論文]
2015年 「サイホン排水システムに関する研究 第1報-サイホン排水システムの基本構成と流れ特性」,空気調和・衛生工学会論文集,No214
2016年 「Studies on Retention of Seal water function of Siphonic drainage system for Garbage disposal」,Proceedings of CIB W062 42th International Symposium Book of Papers
2017年 「トラップ封水の自由振動に関するCFDの試行」,日本環境管理学会誌環境の管理,第81号
2019年 「サイホン排水システムに関する研究 第2報-理論式の導出と排水流入部による影響」,空気調和・衛生工学会論文集,No262.
2019年 「サイホン排水システムに関するCFDの試行」,日本環境管理学会誌環境の管理,第83号
[受賞]
2006年 空気調和・衛生工学会 優秀講演奨励賞
2008年 空気調和・衛生工学会 篠原記念賞奨励賞
2015年 給排水設備研究会 ホープ賞
受験生・在学生へ  水は,衛生的で豊かな生活のために必要不可欠なものです。しかし,世界では水ストレスが増大し、今後ますます安全な水が貴重となることは必至です。建築設備の技術が水不足に果たす役割は大きく,更なる技術革新が求められています。
 建築設備研究室では,建築設備,その中でも水を扱う給排水衛生設備に関する研究を主に扱います。国内外の節水化や省エネルギー化に寄与する技術や設計手法などの開発を通して,地球環境に優しい方向へ,社会や建築の在り方を少しずつ変えていきましょう。