HOME >  受賞  > 建築学科の教員・元教員が2022年日本建築学会各賞を受賞。

建築学科の教員・元教員が2022年日本建築学会各賞を受賞。


下記のとおり、理工学部建築学科の教員および元教員が、 2022年日本建築学会大賞・学会賞(論文)・教育賞(教育業績)・著作賞・作品選奨・作品選集新人賞を受賞しました。

■日本建築学会大賞
建築に関する学術・技術・芸術の発展向上に長年の業績を通じて、特に著しく貢献した本会個人会員に与えられる賞
田中享二(東京工業大学名誉教授/元・明治大学兼任講師)《建築物の長寿命化に資する建築防水技術の体系化、および建築防水に関わる研究・教育・産業領域への社会貢献》

■日本建築学会賞(論文)
近年中に完成し発表された研究論文であって、学術の進歩に寄与する優れた論文に与えられる賞
樋山 恭助(明治大学教授)《パッシブデザインの高度合理化と気候適応建築外皮の開発に関する一連の研究》

■日本建築学会教育賞(教育業績)
長年の活動によって成果が認められ、建築教育の発展ならびに社会に顕著な貢献をした業績に与えられる賞
登坂 宣好(元・日本大学教授/元・明治大学兼任講師)《建築分野への数学・応用数学教育における貢献》

■日本建築学会著作賞
日本建築学会会員が執筆した建築にかかわる著書であって、学術・技術・芸術などの進歩発展あるいは建築文化の社会への普及啓発に寄与した優れた業績に与えられる賞
市川 紘司(東北大学助教/元・明治大学助教)《天安門広場―中国国民広場の空間史》

■日本建築学会作品選奨
その年の作品選集掲載作品のうち特に優れた作品に与えられる賞
森田祥子(MARU。architecture/明治大学兼任講師)《松原市民松原図書館》(共同受賞)

■日本建築学会作品選集新人賞
41歳未満の作品選集掲載作品の筆頭設計者に与えられる賞
藤貴彰(藤貴彰+藤悠子アーキテクチャー代表/明治大学兼任講師)《出窓の塔居》(共同受賞)
萬玉直子(オンデザインパートナーズ代表建築家/明治大学兼任講師)《まちのような国際学生寮(神奈川大学・栗田谷アカデメイア)》(単独受賞),《TOKYO MIDORI LABO. 》(共同受賞)
山田紗子 (山田紗子建築設計事務所代表/元・明治大学兼任講師)《daita2019》

こちらを参照ください。 https://www.aij.or.jp/2022/2022prize.html