明治大学 MEIJI UNIVERSITY

光永 威彦MITSUNAGA Takehiko

専任講師 / 建築設備研究室

教員データベース

Room 生田キャンパス 第二校舎4号館4301A室
Email mitsunaga■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
Tel 044-934-7380

略歴

■略歴
2006年 明治大学理工学部建築学科 卒業
2008年 明治大学大学院理工学研究科建築学専攻 博士前期課程 修了
2008~2020年 株式会社山下設計 技術設計部門機械設備設計部/PJ推進部門PM部FM室
2017年 明治大学大学院理工学研究科建築学専攻 博士後期課程 修了
2020年~明治大学理工学部建築学科 専任講師
■保有資格
 技術士(衛生工学部門),設備設計一級建築士,建築設備士,認定FMr


研究室の概要

■建築の「水」を創造する
「水」のない生活を想像してみてください。水は人間が衛生的で豊かに生活するために必要不可欠なものですが,いま危機に瀕しています。その原因は,主に地球温暖化を背景とする気候の極端化や,人為的な水質悪化です。われわれ人間はもっとエコ・フレンドリーとなる必要があります。
本研究室では,建築物の水まわりを担う「給排水衛生設備」を専門領域とし,安心で快適な水環境を前提とする低炭素・省エネ,節水・節湯を追求することで,「水」を創造しています。研究手法は,システム開発や性能検証のための実験や流体シミュレーションを主とし,建築設備設計者のための設計資料や設計法を提案します。加えて,意匠・構造の設計者と共同して,建築物などを設計・施工することもあります。


研究室が求める人材

・給排水衛生設備や水環境に興味があり、深く追求してみたい人。
・将来、建築設備や水環境に関連する業種に就職を希望する人。
・ゼミの目的を理解し、楽しく積極的にゼミに参画できる人。
・プレ社会人として、自分自身をしっかりマネジメントして活動できる人


研究ピックアップ

拡張排水システムの技術拡充と設計法の確立に関する研究

拡張排水システムは,サイホン作用やポンプを使用して,従来の排水管より小径・無勾配を可能する新しい考え方の排水システムの総称で,これまでの排水システムを補完・拡張することを目的としています。この技術により水まわりの設計の自由度を向上させるとともに,コストや材料の低減にも寄与します。ただ発展途上の技術であるため,その技術拡充と設計法の確立が命題です。

拡張排水システムの技術拡充と設計法の確立に関する研究

従来排水(Conventional)と拡張排水(Extra)の勾配と管径の比較


卒業論文 / 卒業設計テーマ(2021年度)

  • サイホン雑排水システムの設計法に関する研究—12m配管モデルを用いた多様な排水条件による適用性の検証—
  • ファインバブル泡沫機能付きハンドシャワーの定量的評価
  • 洗面器と水栓の組合せの標準化に関する検討
  • 組み立て配管方式における連立大便器継手の開発—20°・30°TY継手の器具排水性能と汚物搬送性能の評価—
  • 家庭用水再生システムに関する研究—廉価版小型ろ過装置の製作および性能評価—
  • コロナ禍による住宅の水使用変化に関するアンケート調査・分析
  • 生田キャンパスにおけるコロナ禍前後の水使用実態調査とZWBに関する検討
  • アルミ複合ポリエチレン管の性能検証-酸素透過および有機溶剤透過に関する一考察-

修士論文 / 修士設計テーマ(2021年度)

  • (2023年度より)

在学生の声

学部4年・篠崎友貴

学部4年・篠崎友貴

私は排水を吸引して排水方法の「真空排水システム」を研究しています。真空排水システムは、今までの重力で搬送する方法では必要不可欠だった排水管勾配が不要となる上、漏水リスクが低く注目されています。私はこの真空排水システムの基本特性の把握と普及促進を目的に研究しています。
光永研究室は、班に分かれて1つのテーマに取り組んだり、他の人の実験を手伝ったり、先生の誕生日をみんなで祝ったりと仲の良さが自慢です。

大学院修士1年・竹内右京

大学院修士1年・竹内右京

私は、大学キャンパスにおけるコロナ禍前後の水使用実態調査とZWB(Zoro Water Building)と題して、大学施設で水資源をいかに有効利用できるかについて研究しています。
光永研では大学院生になると、建築学会やCIBなど国内外での学会発表の機会があります。発表準備のための資料作成や打ち合わせなどを通して様々な経験ができます。これは成長できる機会であり、自身の成長を実感できます。


卒業生の声

2021年度 理工学部建築学科 卒業・キヤノンメディカルシステムズ・渥美万祐子

2021年度 理工学部建築学科 卒業・キヤノンメディカルシステムズ・渥美万祐子

光永研は、卒業研究は個人プレーですが、仲間の研究を手伝うなど和やかな雰囲気です。光永先生は優しいのですぐに相談にのっていただけます。高度な機器も揃っているので研究には最適な環境です。
卒業研究では、マイクロバブルシャワーの流通を背景にシャワーの定量的評価を題材としました。研究方針決めに苦戦しましたが、一通りの研究を全うできました。成果重視ではないので、興味ある研究に果敢に挑戦してみてほしいです。