明治大学 MEIJI UNIVERSITY

富澤 徹弥TOMIZAWA Tetsuya

専任講師 / 建築構造研究室

教員データベース

Room 生田キャンパス 第二校舎A館 A1004・A1005室
Email tomizawa■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
Tel 044-934-7342
Website 建築構造研究室HP

略歴

東京工業大学および同大学院にて鋼構造の薄板の座屈に関する研究を行う。大学院修了後,株式会社構造計画研究所に入社。構造設計者として12年間の実務経験を積む。新築建物の設計監理,既存建物の診断補強など,多種多様の構造種別,システムおよび用途の構造設計に数多く携わる傍ら,免震制振技術に関する開発研究して,神戸大学大学院にて「磁気粘性流体を用いた回転慣性質量ダンパーによる応答制御に関する研究」により社会人博士号取得。2019年度より明治大学理工学部建築学科。一級建築士。構造設計一級建築士。


研究室の概要

建築構造研究室では建築構造に関するテーマを幅広く扱っています。指導教員の構造設計に関する実務経験を基に,構造物の免震,制振などの振動制御に関する開発研究のほか,それらを適用した構造設計手法や構造性能評価に関する解析研究を行い,振動工学を軸とした構造技術による設計的なアプローチで,安全・安心な建築を幅広く考える研究に取り組んでいます。振動工学のほか,特殊材料を用いた建築物に対する最適化や生体計測による振動感覚の定量化など,材料工学や生体工学その他工学との融合研究にも力を入れています。
また,研究室内に閉じこもらず,共同(協同)をテーマとして,他研究室との共同リサーチプロジェクトなどにより,構造担当として実際のプロジェクトにも積極的に参画しています。


研究室が求める人材

一言で表すなら,主体性と協調性を持つ人材です。建築構造に関する研究や設計を中心とした世の中の課題に対して興味があること,未知の領域や専門を少し外れた内容についても積極的に意見を持つこと,実験等の共同作業について協調性を持って取り組めること,これら3つが当研究室の求める人材像です。それらの資質を持った学生たち各々の能力を研究室の集合知として,豊かな研究活動を行いたいと考えております。そして将来,社会に出ることを前提として,自身で課題を発見し,解決するために試行錯誤して目標を達成するための努力ができる人材,目標に対して自分の意見を持ちながらも相手の意見を尊重することができる人材を育成することを目標としています。


研究ピックアップ

高性能免震技術の開発

従来の免震技術がもつ課題のひとつに,縦揺れへの対策が挙げられます。一般に多く普及している免震技術は横揺れのみを対象にしています。横揺れのみでも十分な構造安全性は期待できますが,近年では建物への要求性能も高度化し,室内家具や設備機器等の被害に影響すると考えられている縦揺れに対する配慮も今後必要となると考えられます。本研究室では,国立研究開発法人防災科学技術研究所との共同研究により,水浮揚方式を導入した高性能の水平免震に加えて,縦揺れ対策として新たに開発したパラレルリンク機構を用いた鉛直免震による3次元免震技術の開発研究を行っています。

高性能免震技術の開発

パラレルリンク機構


卒業論文 / 卒業設計テーマ(2021年度)

  • 生体反応計測を用いた被験者実験による地震の映像に対する感覚評価の定量化に関する研究
  • 性能試験に基づく回転慣性磁気ダンパーのモデル化に関する研究
  • 可変質量による鉛直動に関する応答制御効果
  • 風力発電設備支持物のマスダンパーによる応答制御に関する研究 -構造体の質量分布が応答制御効果に与える影響―
  • 風力発電設備支持物の複合構造化に関する研究 -複合構造の高さ比率と全体高さを考慮した地震応答性状評価―
  • 粘性ダンパーを用いた中低層制振建築物のエネルギー吸収性能に関する研究 -各階における粘性ダンパーのエネルギー吸収量評価―
  • セルフビルド可能な低コスト住宅の構造性能評価 -有孔煉瓦基礎の載荷実験―
  • 構造部材のシュタイナー角配置に関する研究 -面外方向における力学特性と形態創生―

修士論文 / 修士設計テーマ(2021年度)

  • 2023年度に更新予定